副業コンサルブログ

これから副業を始めようと考えている方に向けて、私自身が経験した実体験を元に様々な副業をご紹介するブログです。副業時代だからこそいま自分に合った副業を一緒に見つけましょう!

北海道胆振東部地震 10日を経て!

f:id:hukugyou1309:20181022002505j:plain

6日3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とする震度7の大地震厚真町でおこりました。

 

北海道胆振東部地震からちょうど10日経ちました。

 

前日は台風の影響もあり大規模な土砂崩れでたくさんの方が命を落としました。

 

非常に痛ましいニュースをわたし自身も電気が復旧した9日に知りました。

 

映画やドラマの世界で見たことない土砂崩れ後の山の形は忘れられないほどの衝撃でした・・・

 

札幌市清田区でも液状化現象により地面が陥没する被害もでていますよね。

 

まさか北海道でこのような大地震を体験するとは(;´・ω・)

 

地震の被害も大変でしたが、北海道全土にわたる大規模停電には怖い思いをさせられました!

 

 

 

電気のない3日間

 

胆振地方ではいまもなお停電しているところもありますが、札幌市内は約4日以内には電気が復旧しました。

 

電気は病院や駅まわりから復旧していきました。

 

私の家の地域はそういった施設が少なかったこともあり、比較的遅い復旧でした。

 

数百メートルしか離れていない友人の家は電気がついているのに自宅は真っ暗という不思議な体験をしました。

 

信号も看板も電気がついていないと夜はまっくら!

 

星だけが光り輝く街を見たのは生まれて初めてでした。

 

ラジオも懐中電灯も用意していなかったので、毎日不安との戦いでした・・・

 

情報がないことがこんなに怖いとは思いもしなかったです(*_*)

 

これを機に発電式のラジオを購入しました!

見たことない長い行列!

 

地震が起きた朝は異様な光景を目にしました。

 

お水や食料を確保しようとスーパーやコンビニには長い行列が・・・

 

出遅れたわたしはスナック菓子しか購入できなかったです(''Д'')

 

幸いにも2日前ほどに実家から食料を送ってもらっていたので食べるものには困りませんでした。

 

もちろんスーパーやコンビニも電気が復旧していなかったので、ATMもつかえませんでした。

 

財布に多少お金があったのでなんとかなりましたが、現金を持ち歩かないひとは相当苦労したと思います。

 

ペーパーレスになっていく世の中で現金の大切さを再認識した瞬間でもありました('_')

翌日から救助や見回りをしてくれた自衛隊や警察の方々!

 

信号がついていない地域では、警察官が車を誘導していました。

 

それも地震が起こった朝から動いてくれていました。

 

夜も自衛隊の方々が見回りをしてくれて本当に心図良かったです( ;∀;)

 

かれらも家族や子供、友人が心配だったと思います。

 

食料を買いにいきたかったとおもいます。

 

でも市民のため被災者のために自分を犠牲にして助けてくれました!

 

本当にありがとうございます。

 

他にもスーパーの定員やコンビニの定員も働いている姿をみて頭が下がります。

 

日本という国のすばらしさを再確認させられました。

 

北海道電力の方々も寝る暇も惜しんで頑張ってくれたと思います。

 

多くの人に支えられて今があるのだと感じました( ;∀;)

 

いまも避難所で生活する被災者

 

いまも胆振地方では避難所で生活を余儀なくされている方々がおります。

 

一日も早い復興を願っています!

 

なんて口ではいっていも行動に移せない自分が情けなくて仕方ありません( ;∀;)

 

厚真町には全国からボランティアの方々がきてくれていますよね。

 

とても優しく温かい方々だと思うし、尊敬いたします。

まとめ

 

今回の地震では気づいたこと気づかされたことがたくさんありました。

 

普段何気なく使っているものも当たりませではないのだと再認識しました。

 

天災はいつ起こるかわかりません。

 

しっかり防災グッズを揃えて、いついかなる場合にも対応できる用意が必要ですよね。

 

まだまだ復興の途中ではありますが、現状の報告とこれからの願いを書かせていただきました。

 

私自身も違う形で厚真町を支援できたらと考えています。

 

いうだけは簡単なので、しっかり行動にできるよう頑張りたいと思います。

 

執筆と仕事も少しずつ軌道に乗ってきたので1日1日これからも精一杯生きていきます(^^)/

www.hukugyou1309.biz