副業コンサルブログ

これから副業を始めようと考えている方に向けて、私自身が経験した実体験を元に様々な副業をご紹介するブログです。副業時代だからこそいま自分に合った副業を一緒に見つけましょう!

副業節税対策!【基礎知識編】

f:id:hukugyou1309:20190203025638j:plain

副業サラリーマンの悩みのタネになるのが税金です。

 

趣味の時間や自由な時間を割いて副業しているのに、その分が税金で消えるのは悔しいですよね。

 

ただ税金の基礎知識をきちんと理解していれば、サラリーマンでも節税は可能です。

 

そこで今回は、副業サラリーマンでも節税できる5つの方法をご紹介します。

 

 

所得税確定申告の時期!

 

個人の所得税確定申告の時期は、2月16日〜3月15日です。

 

個人事業主の方やフリーランサーの方は特に忘れないようにしてくださいね(^^)

 

1日でも過ぎてしまうと特別な理由がない限り、延滞税の対象となりますのでご注意ください。

 

この時期は税務署がとても込み合うので早めに足を運ぶことをオススメします。

 

税務署員だけのヒミツの節税術 あらゆる領収書は経費で落とせる確定申告編 (中公新書ラクレ) [ 大村大次郎 ]

会社員は会社が税金を代わりに納めている!?

 

会社員が税金を納めている感覚がないのは、会社が我々の納めるべき税金を代わりに納めてくれているからです。

 

毎月の給料で源泉徴収され、年末調整にて確定申告したことになります。

 

個人事業主が自宅で仕事をしている場合は、家賃も必要経費です。

 

しかし、自宅で生活をしている以上、全額経費は難しいでしょう。

 

仕事部屋の割合を按分して経費にしましょう。

 

青色申告のメリット!?

 

青色申告特別控除

複式簿記→65万円控除

簡易簿記→10万円控除

 

青色事業専従者

家族に支払う給料→全額経費

 

30万円未満の固定資産→一括経費

(1年間で300万円まで)

 

去年の赤字→今年の黒字と相殺可能

知らないと損する 池上彰のお金の学校【電子書籍】[ 池上彰 ]

予定納税制度(個人事業主)

 

予定納税基準額30万円の場合

 

第1期 7月1日〜7月31日 10万円

第2期 11月1日〜11月30日 10万円

第3期 10万円

 

資金繰りが苦しい場合は、7月15日までに予定納税額の減額申請書を提出すれば、予定納税額を減額することが可能です。

 

法人化のメリット!

 

①法人にする事で社会的信用を得られる。

 

②自ら給料を支給し、給与所得控除を受けることができる。

 

減価償却費を翌事業年度以降に先延ばし可能である。

 

④欠損金の繰越控除期間が9年である。

などメリットが多い。

個人事業のままでは損!会社にするとゼッタイ得する! 法人化のメリットと会社のつくり方が両方わかる! [ 寺内正樹 ]

控除の種類は全14種類!?

 

あなたは、控除が適用になりますか?

 

基礎控除

配偶者控除

配偶者特別控除

扶養控除

障害者控除

寡婦(寡夫)控除

勤労学生控除

雑損控除

医療費控除

社会保険料控除

小規模企業共済等掛金控除

生命保険料控除

地震保険料控除

寄附金控除

給与所得者・給与支払者のための特定支出控除の手引 [ 森谷義光 ]

まとめ

 

今回はこれから副業を始める方であれば知っておきたい税金基礎知識をご紹介いたしました。

 

この先、控除の内容や細かい数字もまとめて記事にいたしますので興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

一番見るべきサイトは国税庁のホームページですよ( ..)φメモメモ

 

書き方が難しくてよくわからない方向けになるべくわかりやすくご紹介していきますので参考にしていただければうれしいです。

 

税金を学んで節税対策しましょー(^^)/