副業コンサルブログ

これから副業を始めようと考えている方に向けて、私自身が経験した実体験を元に様々な副業をご紹介するブログです。副業時代だからこそいま自分に合った副業を一緒に見つけましょう!

スターバックスから学ぶカフェ経営!地域密着型のマーケティングとは

全国に1,704店舗(2022年7月現在)を構えるスターバックス。オシャレな雰囲気と美味しいフラペチーノが楽しめる世界で最も成功している「カフェ」と言ってもいいでしょう。

 

ではなぜ、数あるカフェの中でスターバックスが人気なのでしょうか。

 

本記事では、スターバックスが人気である理由を大きく3つのポイントにまとめています。

豊富なトッピングで自分流にアレンジできる

スターバックスは飲み物の商品だけで40種類以上の商品を提供しています。

 

加えて、さまざまなフレーバーやトッピングが用意されており、自分好みに合わせたオリジナルコーヒー・ティー・フラペチーノを楽しむことができます。

 

色合いや見た目にもこだわる商品開発によって、SNSに投稿したくなるような商品スターバックスの魅力と言えるでしょう。

 

安心できるサードプレイス

スターバックスが世界83カ国にコーヒーチェーンとして成功している理由は、安心して家族や友達と語り合える場所、「サードプレイス(第3の居場所)」としての価値を大切にしているからです。

 

お店の雰囲気や座席数、お客とのコミュニティーを大切に、自宅でも職場でもない「3つ目の居場所」の提供こそが成功の秘訣なのです。

 

地域密着型の店舗運営

スターバックスは、地域を象徴する地元民が集まるお店「リージョナルランドマークストア」を全国に28点店舗オープン。

 

例えば、鹿児島の登録有形文化財である「仙巌園」や神戸の「北野異人館」、「太宰府天満宮」の参道にもお店をオープンしています。

 

地元の職員や商店街の経営者、地元の人々との交流を通して、地域の町づくりを一緒に行なっていること。これこそが地元民に愛される由縁です。

 

以上のように、スターバックスは地域の人にとって、特別な存在になれるようなお店を目指し、地域密着型の運営を続けています。

 

重要なのは、「モノ(商品)」だけを売るのではなく「コト(体験)」を提供していること。

 

「コト(体験)」を与えることで、カフェに行きたいという思考から「スタバに行きたい」という思考に変わります。

 

これこそが、スターバックスの地域密着型のマーケティング手法なのです。

 

カフェの経営に悩んでいる人やこれからカフェをオープンする人は、世界で活躍するスターバックスマーケティング手法も取り入れてみてはいかがでしょうか。